対象の非構造データ
80万を超える企業リストのエクセルデータ
作成・更新・付与したい分類、カテゴリ
業種の分類、カテゴリ
取り扱っている販売商品、サービスの分類、カテゴリ
導入の背景
営業リストは一般的なところから購入、利用しているが、リスト内の業種分けが古く、適切な分類ができていないため効果的な見込み客企業の抽出ができていない。多くの営業スタッフは、営業リストに掲載されている企業名から企業のホームページを探し、ホームページ内に記載されている内容からターゲットとなりうる適切な業種の企業かを判断してリード作りを行っていた。非効率であることから、営業リストの販売会社に対して詳細な業種などで企業を抽出を依頼するも、対応はできないという返答をもらう。自社で保有する大量の企業リストの中から、見込み客の確度が高い企業を抽出するために、詳細な業種、取り扱っている商品データを、自社独自で追加することとなった。
構造化内容
企業ホームページを自動で収集。集めたホームページデータのテキストから業種、取扱商品やサービスを特定
Webクローラーを利用して営業リストに記載されている企業のホームページを自動的に見つけ出して収集。収集したホームページデータから、企業の特徴を文章から判断し、どういった業種かを自動で判別していく。業種だけでは見込み客としての確度を高めるには不十分なため、どういった商品を取り扱っているかも分析させ、リードの確度を上げていく。業界内においても、明確な系列、グループといったくくりではないものの、この会社、グループとの付き合いが深いということは、この商品を購入する可能性は低いというようなことがある。そのため、取扱商品を分析することで、無駄な訪問を大幅に減らすことができる理想的な営業リストを、クローラー+TORONOWAによって作成、更新を行っている。本施策での課題は、ホームページを持っていない、又はホームページを持っているが適切な情報を掲載していない企業のデータは正しく処理できないという点にある。